未分類

名刺作成の注意点

名刺を作成する方法にはいろいろあります。たとえば自分でソフトを買ってきて作成するという方法があります。この場合はデザインを決めて、どのような情報を掲載するのかも自分で考えます。テンプレートがソフトに用意されていることもありますが、一からすべてを自分でデザインすることも可能でしょう。

テンプレート自宅でソフトを用意して作成することができます。この場合、自分の思った通りの名刺を作成できるのがメリットとなるのですが、手間がかかり、デザインの悪い名刺ができてしまうリスクもあります。名刺というのは他人のために作成するものであり、客観的に判断をして良い名刺を作ることが大切です。この点には気をつけておきましょう。

また、名刺を作成する業者が存在しているため、そちらに頼むという方法もあります名刺作成業者はプロであり、これまでにたくさんの名刺を作成してきた実績があります。そのため安心して依頼できるでしょう。具体的にどのようなデザインにしたいのか決まっていなかったとしても、いろいろなテンプレートを用意してくれたり、こちらの希望を聞いてそれにしたがってデザインしてくれます。リーズナブルな料金でデザインしてくれる業者もあります。便利に活用しましょう。

 

名刺作成の意味とその効果

名刺作成の意味とはその企業に勤めている人物であると言う事を明確なものとして、その人物の立場を明らかなものとするために制作せれているものであり、これにはその人物の企業における立場を明示しておくことで、責任ある立場にあるのか、その人物が企業における判断能力をどの程度有している人物であるかなどの事柄を容易に示す存在であり、自己紹介を行うことでその人の名前だけではなく、企業名や立場を表現してくれる存在ともなります。

これは企業間での取引の場において、商品説明を行う時に初対面の間柄の企業に勤めている人同士が挨拶を行う時などに広く行われている名刺交換の場で使用するものであり、顧客が個人の顧客であれば相手からの名刺と言うものを提示される事はありませんが、相手に対しての自己紹介を行うためには充分な効果が認められるもので、相手の名前などを名刺を提示した人が覚えれば充分な効果を得る事が出来、非常に効果の高いものとなります。

 

特徴的な名刺を作成したい

営業で外回りに出た際、名刺を出す機会は少なからずありますが、名刺と言うのは相手に自分を印象付けるためには、場合によっては身嗜み以上に気を使うべきポイントなのかもしれない、と最近思い始めています。それと言うのも外回りには当然スーツを着て行く訳ですが、スーツはどれもあまり代わり映えがしなくて、顔立ちや髪型に主だった特徴がない私では印象が薄く、相手に自分を覚えて貰いにくい気がするのです。ファッションや服装に知識のある人は、例えスーツであっても個性を存分に発揮できるのでしょう。

しかしそんな知識のない私には、せいぜいがネクタイとのコーディネイトで個性を出す、と言うくらいしか思い浮かばず、そのネクタイもクールビズの名の下に基本着用しないことを職場から推奨されています。なので、外見に特徴を持たせることが出来ない以上、相手の手元に残る名刺には特徴を持たせて、少しでも印象に残りやすい物を作成したいと考えるようになりました。

 

スピード印刷で名刺を作成

名刺のサイズは55ミリX91ミリという定型サイズになりますが、これは一般的なサイズであって、これより大きくても小さくても構わないものなのです。例えば女性が利用する名刺には49ミリX85ミリというサイズが使われる事がありますし、小型4号などと呼ばれる39ミリX70ミリというかなり小さいサイズもあるわけです。また、大きなサイズなどの場合は、4号2つ折と呼ばれる110ミリX91ミリというサイズなどもありますが、このようなサイズはあまり見る事はありませんし、仮にこのような名刺を受け取っても名刺入れに入りきらないのです。

最近はこの名刺をインターネットで注文する事で印刷をして貰い、その日のうちに手元に届けられるサービスを行っている会社もあります。例えば、午前中11時までに注文をする事で、夕方には手元に届けられるなどのスピード印刷を可能としているのです。因みに、このようなサービスを受けるためには、依頼をする会社で過去に名刺を作り版下としてのデータがある事が条件としてあります。

未分類

どんな目的があるのか

そもそも名刺の目的とは何でしょうか。それは状況によって違います。たとえば私的な場面で使うために名刺を作ることがあります。この場合はフレンドリーな場所において多くの方と交流をする際に活用されます。このような場面に用いられる名刺というのは堅苦しいデザインを採用する必要はありません。かなり自由度が高くなっています。自分の自由に名刺のデザインを決めることができるでしょう。

ビジネス一方でビジネスの場面において利用される名刺もあります。この場合は、正確に相手に自分の情報を伝える必要があります。相手は多くの名刺を受け取っていることが多いため、自分のPRをするためにも名刺を積極的に活用しなければいけません。印象に残るデザインの名刺を作ることによって、営業効果を高めるという狙いを持って名刺を作成するのです。

他にも名刺の目的はいくつも考えることができるでしょう。たとえば名刺を作ることによって自分や自分の会社を信頼できる存在であると認識してもらえます。情報を公開することによって、まともな人物であり、まともな会社に所属していることをアピールできるのです。顔と名前を覚えてもらうために名刺を渡すこともあります。目的に合わせて名刺を作り、それを有効活用しましょう。

 

名刺の印刷方法と、会社で行っていた作成方法

世間一般的な会社では特に営業職などに関しては名刺は必ず必要なビジネスアイテムとなっています。自身の経験では、ある会社では名刺の作成はごく普通の印刷会社に依頼して製作していました。名刺の作成を依頼してから概ね4日ほどで仕上がり、印刷会社の方が届けて下さいます。しかし、営業職では多い日には1日に40枚から50枚ほどの名刺を使用することもあり、かなり使用頻度は高い業種でもありました。そのため、普段は社内の自分の机の中に200枚以上の名刺をストックしておきますが、ついうっかりして在庫が無くなりかけることが多々ありました。

会社ではこうしたことに対処するために、一つのアイデアを用意していました。その方法とは、まず印刷会社に名刺の雛形を製作してもらい、個人情報の部分には部署名だけを印刷してもらいます。簡単に言うと、名前だけが印刷されていない名刺を用意することです。そこで名刺が不足した社員に対して、社員の名前のスタンプを手作業で押すことで、緊急に備えて準備されていました。

 

名刺とホームページによる宣伝効果

私は教育産業に携わっています。そして、簡単な宣伝文句とホームページを記載しています。従来の連絡先を教えあうための名刺交換は一切行なっておりません。その代わりに、生徒にまるでチラシのように配っています。ホームページを作成し、そちらにシステムや価格、レッスンシュケジュールなどを記載しています。そうすることで、生徒は私のスケジュールをしり、どこでどんなレッスンをしているかを知ることができます。また、生徒1人何枚か渡すことで、その生徒が口コミで他の友人にも配ってくれるのでとても宣伝効果があります。チラシの場合は大きく、見たら捨ててしまう場合がほとんどですが、名刺といって渡すと、多くの場合、大切に保管してくれます。

実際には小さなチラシみたいなものですが、連絡先の確保という頭があるせいか、捨てない人が多くなるのです。これは不思議な現象ですが、大した効果があり、既存の生徒の定着率の向上にも役立っています。常に私のホームページにアクセスできるようになり、常にレッスンのことを考えているようになりました。サイズも小さく携帯性が高いので常に持参してくれることも、レッスンのことを忘れないようにする効果が出ている感じです。

 

会社生活における名刺について

会社に入社し研修期間の3ヶ月が終わり配属された時、名刺が用意してあり各自に配布されました。黄色いプラスチックケース入れで2ケースくれました。用意された机にしまいましたが、何度も引き出しを開け名刺をながめました。30枚ぐらい名刺入れに移し、自宅へ持ち帰り父母、妹、親戚にも1枚づつ配りました。それから営業に移り訪問先で、名刺を多数使うようになりました。重要得意先でシステム説明会が在った時、多くの人が出席してくれたのですが、足りなくなり役職の人に渡すことが出来ませんでした。上司から名刺は財布、手帳にも入れておくもんだと注意され、それからは4箇所以上に分けて何時も持っていました。昇進し役職が付いた時の名刺、これも嬉しくて妻に10枚ぐらい渡し持ち歩けと言いました。転勤、異動、昇進そのたびの名刺を今でも大事に保管しています。役職定年になり肩書きが、役職ではなく資格名に代わりました。何も無いよりはいいのですが、ラインの長ではないというのが分かります。人に渡すのが嫌で、持ち歩かないようになりました。小学校の同窓会があった時、自営業等名刺を持っていない人が結構多く、人に配れ資格名ですが肩書きがあるという事が誇りに思えました。

 

未分類

名刺のメリットとは

個人で名刺を作るメリットはたくさんあります。まずデザインを自由に決めることができます。既成のデザインにとらわれることなく自分の希望をどんどん加えていくことができるでしょう。名刺によって自分という存在をアピールすることができるのです。個性をどんどん発揮していけるでしょう。

サラリーマンだけではなくて、個人事業主の方が名刺を作るのはもっとメリットがあります。個人で事業をやっている場合は自分のことをよく知ってもらうことが大切です。営業活動をする際には名刺があるのとないのとでは影響が大きく違うでしょう。名刺に電話番号や住所、メールアドレスなどを記載しておけば、あとで気になったときに向こうから連絡をしてくれるでしょう。

名刺があると連絡先を聞かれるようなことがあったときにとても便利です。その名刺を渡してしまえば、そこに必要な情報はすべて記載されているからです。名刺交換をすることによって、情報交換をスムーズに行うことができるでしょう。

名刺にはいろいろな情報を掲載することができます。連絡先だけではなくて、たとえば具体的なサービスや事業の内容を記載することもできるでしょう。ちょっとした気の利いた一文を載せることもできるのです。

 

名刺デザインについて、感じたこと

名刺デザインについて、私が感じたことをお話します。私は名刺がなくなると、名刺を新しいデザインで更新しています。その時に、どのようなデザインにしようかと悩んだ時に、今まで名刺交換でもらった名刺で、とてもいいと思ったものを参考にしています。その時にいいと感じて、今使っている名刺には、顔写真を入れています。それは、それを相手の渡した時に、自分を覚えてもらうためです。

名刺交換は、何人もの人と行いますので、これは効果があると感じています。そして、また、新しい名刺を作成した時には、地元のPRをして、地元の名産品を写真付きで、載せました。これについても、このことについて、相手の人から質問があった時に、そのことを話したという記憶として残ることを目的としています。そして、少しでも印象に残る名刺を作って行こうと考えています。最近もらったもので、和紙で作られたものがありました。それは、その地元の名産です。私の地元も名産として、和紙があるため、それで作ることを検討したいと考えています。

 

社会人の基本マナーである名刺の渡し方について

社会人にとって、名刺は社名・氏名・電話番号・メールアドレスなどのビジネスに必要な情報が詰まった非常に大事なものであり、相手に自分という人間を知ってもらう上でも非常に重要なものです。名刺交換の際に相手に与える印象がその後の仕事に大きく影響してくるようなことも少なからずあるので、単なる形式的なものだと考えて適当にしていてはいけません。渡し方において相手に失礼がないように十分に気をつけておきたいものです。

名刺交換名刺交換においては、目下の者から先に出すというのが基本的なマナーですが、上司と一緒のときには上司の名刺交換が終わるまで待つのが正解です。目上の人に先に名刺を出された場合には、出し遅れたことを相手にお詫びして名刺を受け取ってから自分の名刺を出しましょう。名刺を持つときには、基本的には右手で端を持ちますが、特に相手が目上のときなどには、なるべく両手で持った方が相手に丁寧な人だという印象を与えられるので良いでしょう。渡す際には社名や氏名を名乗った上で「よろしくお願いします」と挨拶をしましょう。

 

 

未分類

名刺を作る

ビジネスマンにとっては絶対に持っておくべきものとして名刺があります。名刺というのは自分がどのような人物であるのかを示すものです。特に営業や管理職の人の場合はたくさんの人達と出会う機会があるでしょう。そこで名刺交換をすることはたくさんあります。社会人となってまず覚えることが名刺交換のマナーだという方も多いでしょう。それぐらい今の社会では名刺は重要視されているものとなっています

サラリーマンでなくても何らかの仕事をしているならば名刺を持っている方は多いでしょう。また、趣味の集まりでも名刺を持っているような方はいます。いろいろな人と会う機会があるならば、名刺はとても役に立つのです。普通、どこの会社に入ったとしても名刺を支給されることは多いでしょう。営業職でなかったとしても、社外の人会う機会というのはあるものです。そのときには名刺を持っていなければ困ってしまうという場面は多いはずです。

このように重要な役割を果たしている名刺なのですが、これを自分で作るという方法があります。支給されるものをそのまま利用するのではなくて、自分で作るのは手間とお金がかかってしまいます。そのため面倒だと感じる方が多いかもしれませんが、実は自分で作ることにはいろいろなメリットがあるのです。こちらでは名刺を作ることのメリットを紹介しましょう。自分で名刺を作ってみようか迷っている方はぜひとも参考にしてください。分かりやすくメリットを教えましょう。

 

自己紹介、自己アピールの為に名刺を作成いたしましょう。

初めて会う方に自己紹介するには名刺が一番効果が有ります。知らない方に差し上げる物ですので、センスが良くてすぐに覚えて頂ける事が大切です。どんな風に作ったら見栄えのする、効果的な名刺を作れるのでしょうか。先日同窓会で頂いた名刺は丸く透明な部分に本物の四葉のクローバーが埋め込まれている物を頂きました。素敵な名刺を頂くと、やはり大切に長いこと取っておきたくなります。ご自分で作られる方も居られますが、やはり一目見た瞬間、おっと思うような名刺は本職の方の作品でしょう。

素人では思いもつかないデザインを考え付くものです。会社員、特に営業の方等には絶対の必需品ですから、分れば良い的な考え方は問題です。いわばあなたの顔でも有る訳ですから、ぜひとも本職の方に良くご相談して、どんなことを表現して欲しいか、要望して作成して頂きましょう。差し上げる相手の方が、これはと興味を持っていただければ成功と言えるでしょう。その後の商談もうまく進みやすいのでは有りませんか。

 

個性的な名刺を作成する

個性的な名刺個性的な名刺を作成することは自分をアピールするにあたっては大変効果的である。私も会社から支給される名刺とは別に個人用のプライベートな名刺を持ったことがある。会社での名刺とは違い、より個性的な名刺が作れ自分をアピールすることが出来るであろうと考えたからです。そう思い作成した名刺だが、概ね好評でありました。ルーズリーフ調の名刺はなかなか見た目にもないレイアウトであったので、それをきっかけに話題にもすることが出来た。このような形で自分を違う面からアピールする道具として機能してくれました。

また、これを通じて異業種の友人も出来たりして今まで知らなかった新しい世界を垣間見ることが出来たりして、私にとっては非常に有意義なものとして機能してくれました。このように名刺は、ただの名前が書かれた紙としてだけでなく、立派なコミュニケーションツールとして役に立たせることが出来ます。少なくとも私にとっては立派なコミュケーションのための道具として機能してくれました。このように名刺とは、単なる紹介用紙にとどまることなく、一枚が自分の世界を無限大に広げてくれたのです。