名刺を作ることで得られるメリットは?

名刺を作ることのメリットを紹介しましょう
未分類

どんな目的があるのか

そもそも名刺の目的とは何でしょうか。それは状況によって違います。たとえば私的な場面で使うために名刺を作ることがあります。この場合はフレンドリーな場所において多くの方と交流をする際に活用されます。このような場面に用いられる名刺というのは堅苦しいデザインを採用する必要はありません。かなり自由度が高くなっています。自分の自由に名刺のデザインを決めることができるでしょう。

ビジネス一方でビジネスの場面において利用される名刺もあります。この場合は、正確に相手に自分の情報を伝える必要があります。相手は多くの名刺を受け取っていることが多いため、自分のPRをするためにも名刺を積極的に活用しなければいけません。印象に残るデザインの名刺を作ることによって、営業効果を高めるという狙いを持って名刺を作成するのです。

他にも名刺の目的はいくつも考えることができるでしょう。たとえば名刺を作ることによって自分や自分の会社を信頼できる存在であると認識してもらえます。情報を公開することによって、まともな人物であり、まともな会社に所属していることをアピールできるのです。顔と名前を覚えてもらうために名刺を渡すこともあります。目的に合わせて名刺を作り、それを有効活用しましょう。

 

名刺の印刷方法と、会社で行っていた作成方法

世間一般的な会社では特に営業職などに関しては名刺は必ず必要なビジネスアイテムとなっています。自身の経験では、ある会社では名刺の作成はごく普通の印刷会社に依頼して製作していました。名刺の作成を依頼してから概ね4日ほどで仕上がり、印刷会社の方が届けて下さいます。しかし、営業職では多い日には1日に40枚から50枚ほどの名刺を使用することもあり、かなり使用頻度は高い業種でもありました。そのため、普段は社内の自分の机の中に200枚以上の名刺をストックしておきますが、ついうっかりして在庫が無くなりかけることが多々ありました。

会社ではこうしたことに対処するために、一つのアイデアを用意していました。その方法とは、まず印刷会社に名刺の雛形を製作してもらい、個人情報の部分には部署名だけを印刷してもらいます。簡単に言うと、名前だけが印刷されていない名刺を用意することです。そこで名刺が不足した社員に対して、社員の名前のスタンプを手作業で押すことで、緊急に備えて準備されていました。

 

名刺とホームページによる宣伝効果

私は教育産業に携わっています。そして、簡単な宣伝文句とホームページを記載しています。従来の連絡先を教えあうための名刺交換は一切行なっておりません。その代わりに、生徒にまるでチラシのように配っています。ホームページを作成し、そちらにシステムや価格、レッスンシュケジュールなどを記載しています。そうすることで、生徒は私のスケジュールをしり、どこでどんなレッスンをしているかを知ることができます。また、生徒1人何枚か渡すことで、その生徒が口コミで他の友人にも配ってくれるのでとても宣伝効果があります。チラシの場合は大きく、見たら捨ててしまう場合がほとんどですが、名刺といって渡すと、多くの場合、大切に保管してくれます。

実際には小さなチラシみたいなものですが、連絡先の確保という頭があるせいか、捨てない人が多くなるのです。これは不思議な現象ですが、大した効果があり、既存の生徒の定着率の向上にも役立っています。常に私のホームページにアクセスできるようになり、常にレッスンのことを考えているようになりました。サイズも小さく携帯性が高いので常に持参してくれることも、レッスンのことを忘れないようにする効果が出ている感じです。

 

会社生活における名刺について

会社に入社し研修期間の3ヶ月が終わり配属された時、名刺が用意してあり各自に配布されました。黄色いプラスチックケース入れで2ケースくれました。用意された机にしまいましたが、何度も引き出しを開け名刺をながめました。30枚ぐらい名刺入れに移し、自宅へ持ち帰り父母、妹、親戚にも1枚づつ配りました。それから営業に移り訪問先で、名刺を多数使うようになりました。重要得意先でシステム説明会が在った時、多くの人が出席してくれたのですが、足りなくなり役職の人に渡すことが出来ませんでした。上司から名刺は財布、手帳にも入れておくもんだと注意され、それからは4箇所以上に分けて何時も持っていました。昇進し役職が付いた時の名刺、これも嬉しくて妻に10枚ぐらい渡し持ち歩けと言いました。転勤、異動、昇進そのたびの名刺を今でも大事に保管しています。役職定年になり肩書きが、役職ではなく資格名に代わりました。何も無いよりはいいのですが、ラインの長ではないというのが分かります。人に渡すのが嫌で、持ち歩かないようになりました。小学校の同窓会があった時、自営業等名刺を持っていない人が結構多く、人に配れ資格名ですが肩書きがあるという事が誇りに思えました。